ダイエット食品としての肉の選び方とは|ダイエット食品の口コミランキング

ダイエット食品としての肉の選び方とは

ダイエット中はカロリーが高いからと、肉を食べるのを控えるという方もいるようです。 しかし、カロリーが高いのは脂身であって、脂身を取り除けばヘルシーに食べる事もできます。

 

しかも、糖質や脂質の代謝に必要な栄養素も含まれているので、食べるのを控えればダイエットになるとは言い切れません。 そこで、どうすればダイエット中でも食べられるのかといった、基本的な知識を学びましょう。

 

まず、ダイエット食品として牛肉を選ぶ場合、ももの部位を選びましょう。 何故なら、ももは低カロリーな部位だからです。 また、ステーキにして食べる場合は、サーロインではなくヒレを選ぶようにしましょう。

 

ヒレは、サーロインの半分程度のカロリーでありながら、ビタミン、鉄分、カルシウムが豊富です。 さらに、ステーキにして食べる場合は、ランプもオススメです。 ヒレよりもランプの方が低カロリーなので、カロリーが気になる方にはピッタリです。

 

続いて、ダイエット食品として豚肉を選ぶ場合も、オススメはももの部位です。 豚のももの部位は、脂肪が少ない上に、ナイアシンと呼ばれる栄養素を含んでいます。

 

ナイアシンはビタミンB群の一種で、血栓の予防に効果が期待できます。 逆にバラは、脂肪が三層にたっぷりと含まれており、ダイエット食品とは程遠い存在なので、控えるようにしましょう。

 

最後に鶏肉ですが、ダイエット食品としてオススメなのは、ささみです。 脂肪分が少ない上に、糖質や脂質の代謝をサポートするビタミンB群を豊富に含むささみは、ダイエットにピッタリです。

 

また、ささみ以外にむねやももを買う場合は、鶏皮のないものを選びましょう。 鶏皮は、100gでおよそ500キロカロリーもあり、ダイエットにとって大敵です。 鶏皮がついた状態のものしかなければ、取ってから調理するようにしましょう。

 

そして、肉料理を食べる時には不足している栄養素を、他のメニューで補うようにしましょう。 不足している栄養素とは、食物繊維です。 食物繊維を食事の最初に摂取すると、血糖値の上昇を穏やかにする事ができます。

 

そこで、海草や野菜といった食物繊維を豊富に含む食べ物を添えて、食べるよう心がけましょう。 しかし、いくら食物繊維を含むメニューを添えても食べ過ぎては意味がないので、要注意です。