ダイエットと減量の違いについて|ダイエット食品の口コミランキング

ダイエットと減量の違いについて

ダイエットという言葉は、もともと糖尿病患者などの食事療法を指す英語で、健康な身体を取り戻すために、食習慣や生活習慣を改めましょうという意味で使われるものだったそうです。

 

病気を発症していない健康な人が、体重を減らす意味ではなかったのですが、今では普通に使われています。

 

元々は食生活やライフスタイルを改めて健康的なものに変えていくことをダイエットと言い、必ずしも減量そのものを指す言葉ではありませんでした。

 

減量とは、一般的に期限を決めて体重を落としていくことを指します。 一時的に体重を落とす方法で、必ずと言えるほど、リバウンドがありますが、正しい方法のダイエットであれば、リバウンドが起きることはありません。

 

ですから、1週間で3キロ痩せる、夏までに10キロ痩せたいというのは全て減量することで、短期間であればあるほど、減量幅が大きければ大きいほど、リバウンドの比率も大きくなることを知っておいて下さい。

 

ダイエットに失敗する人は、この減量方法を試して、一時的に体重が落とせたとしても、すぐにリバウンドしてしまい、しかも以前より太ってしまう、痩せにくい体質になってしまうというパターンが多いのではないかと思います。