妊婦の健康管理と食生活|ダイエット食品の口コミランキング

妊婦の健康管理と食生活

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためということもあって、食事量が増えるので、体重は増えますが、あまり増えすぎると妊婦と赤ちゃん双方に負担がかかります。

 

「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」など合併症を引き起こすこともあります。 だからと言って、痩せすぎていても、赤ちゃんが未熟児で生まれる可能性や、低体重のために消化機能が未熟な場合があります。

 

妊娠中に過度のダイエットをすると、出産に時間がかかる場合や、出産後の母乳の出にも影響があると言われます。 妊婦は体重を落とすダイエットを考えるのではなく、体重で健康管理すると考えた方が良いです。

 

妊婦の場合は、一週間に500g以上増えていくといったことから、カロリー制限をしたり、食事制限をしたりして体重が増えすぎないように管理していきます。

 

ダイエット食品や栄養補助食品で体重管理をするのではなく、旬の素材を使って出来るだけ自分で料理した食事を摂るようにしましょう。

 

今は低カロリーで栄養バランスを考えた雑炊のようなダイエット食品がありますので、手軽に食事が出来るとついダイエット食品に走りがちですが、妊娠中は食生活を見直すチャンスなので和食中心の食事に変えれば、急激に太ることは避けられるはずです。